地毛証明書2

 脳科学者の茂木さんが「地毛証明書」を日本の「後進性」のように書いていて・・・同調する若い人コメントが多くありました。・・・曰く“先生も地毛証明書出すんでしょうね(ズラや白髪を隠してないんですか?)”・・・これは糞味噌な論理ですが、頭髪検査というものに違和感がある人にとっては「心情」としては理解出来ます。

 

 ただ、「ファッションの自由」「身体表現の自由」という問題となると、ちょっと違う・・というのが私の感想です。自由の森学園のような学校のあり方には関心があって、在職中に何回も飯能の山の中に通いました。「高校でありながら大学のようなつくり」の学校でした。ご存じのようにいわゆる「ウヨク的な人」には非難の対象となる学校ですし、佐藤学さんのような人も「自由主義学校であるこの学校は・・」という理解をされていました。 入試に「自己表現(芸術)」を取り入れて「表現」を学校の柱にしていて・・・微妙なバランスの上に成り立っている学校でしょう。自森の教員も「学費が高い学校で・・自分の子供は入れられない」と言ってました。私立学校は入学者の「家庭の経済状況」というフィルターを(結果的に)かけることができるのです。 

 

 この文は茂木さんへの異論なのです。(コメントの入り口がわからない)あなたが教えている東京芸大を基準にしてモノを見ていませんか・・というものです。人間が自律して自覚的個性として「自己表現」をする。「人間は信じられるものだ」・・・そうした啓蒙主義的人間観は正しいでしょう。でもそう正しいことを言う「自分に酔っていませんか?」・・目の前の「荒れる生徒」を前にしてもそんな事が言えますか。

 

 一人の金髪生徒について書きたいのです。(有村さんが演じた、進学私立の落ちこぼれの金髪娘の逆転劇の話しではありません) マンモス団地の一角に彼の家はありました。言うまでもなく「公営団地」は老朽化と高年齢化の中で、昭和のような華やかさはありません。むしろ地域には準組員的な若者がいて・・カツアゲまがいの人間関係を築いています・・と彼が言っていました。

  ・・・・・? いや 具体的に書くのは「守秘義務違反」でしょう。

 環境や習慣、家庭状況や健康、恵まれない人は何重にも「不本意」な事象が積み重なって行きます。「小さな本人なりの努力」など・・生かせない境遇というのもあるのだと思い知らされました。

 

 「たかが金髪、されど金髪」です。金持ちのお坊ちゃんが、ファッションとして金髪にするというのと「文脈」が違います。「金髪」という形で表現される人間としての要望・叫びをキャッチできないとしたら、教師失格だと私には思えます。